建設業許可の申請はHIKE行政書士法人へ!

建設業許可の申請実績多数の事務所です!

HIKE行政書士法人では年間200件以上の建設業許可の申請を代行しております。お客様は個人事業主の業者さんから資本金数千億円の大企業までおり、様々なケースの申請に対応いたしております。

ご依頼をいただき建設業許可を取得したお客様へのインタビューや寄せられた声の一部をご紹介します。

お客様インタビュー

株式会社レジナ様へのインタビュー記事はこちら

お客様の声

申請書類の細部にまで目を通し、確認いただき適切な指導をいただき、安心して任せることができた。とても一個人では成し遂げることはできなかった。大変に感謝している。

日本オルボテック株式会社 小髙様
こんな素人でも、親身になって相談に乗っていただきありがとうございました。こちらの都合にも柔軟に迅速に対応してくれていました。本当に感謝しています。また機会があればお願いしたいです。

新日本物流株式会社 大河原様
こちらの急ぎの要求にもすぐに対応してくれた。TELをして相談したのがお昼過ぎで、同日、横浜にて打ち合わせしてくれた。

株式会社ベストハンズ 塚本様
以前、他の行政書士事務所に電話相談した際に、当社の業務内容が建設業に該当しないので取得は難しいと断られてていたので許可取得は半ば諦めていました。
※弊事務所にご依頼をいただき無事に建設業許可を取得なさいました。

都南運送株式会社 原島様

お客様の声の一覧はこちら ⇒ お客様の声

お客様の声

東京都の建設業許可申請の相談員としても活躍中!

都庁名札.jpg東京都庁の建設業課には相談コーナーの窓口があり、行政書士が建設業許可についての相談に応じています。

相談員は過去の申請実績や経験年数など一定の要件を満たしていなければ登録することができません。毎年数十人の応募に対して選ばれるのは数名という狭き門になっています。

石橋は平成23年度より、木下は平成26年度より、東京都より委任を受けて建設業許可申請に関する相談員として登録されております。現在、1つの事務所で2人以上の建設業許可相談員の委託を受けているのは弊事務所だけです。

また、石橋は東京都行政書士会渋谷支部の理事東京都行政書士会会費納入促進委員会の委員(平成25年度~平成26年度まで)として行政書士会の発展のためにも活躍しております。

建設業許可申請の講習会の講師を務めました

建設業許可講習会の講師写真東京都行政書士会渋谷支部が開催している渋谷塾という講習会で建設業許可申請についての講師を石橋が務めました。講演のテーマは「建設業許可要件の確認のポイント ~失敗談を交えて~」。

建設業許可を受けるために一番重要なことは建設業法に則した要件を満たしていることを証明できるかどうかです。このポイントを開業当初の失敗談を交えながら解説させていただきました。

表彰実績

不動産協会 不動産協会平成26年
平成25年、26年、27年と3年連続で全日本不動産協会東京都本部より感謝状をいただきました。

行政書士会渋谷支部5年 行政書士会渋谷支部5年
石橋と熊谷が東京都行政書士会渋谷支部より表彰状をいただきました。

新規建設業許可の代行報酬は108,000円(知事一般許可)

建設業許可のご依頼をいただいた場合の代行報酬は以下のようになります。

    建設業許可(知事一般)申請代行
    HIKE行政書士法人報酬 ⇒ 108,000円(税込)
    ※役所への手数料90,000円と実費分を別途お預かりいたします

代行報酬として108,000円以上ご請求することはありません。明朗会計となっておりますので安心してご依頼ください。

ハードルが高く、何ページにも及ぶ様式の決まった書類の作成が必要な建設業許可の申請で、108,000円という報酬金額は行政書士が受け取る報酬としては最低水準です。ただし、経験が無いから料金が安いということではありません。年間200件以上の申請を行っている事務所の行政書士が最初から最後まで責任を持って手続きを代行します。改正や施行への対応もお任せください。

建設業許可の取得が可能かどうかのご相談は無料で承っておりますので、まずはご相談ください。私どもの声を聞き、態度を見て、信頼のおける人間かどうかご判断していただければと思います。

毎月、お客様から許可通知が届いたと連絡をいただきます

建設業許可が下りると大臣許可の場合は地方整備局から、知事許可の場合は東京都庁や県土木事務所などから許可通知が届きます。大臣や知事の印が押されていて、許可番号が印刷されています。私たちのもとには建設業許可を受けたお客様から毎月許可通知のコピーが届きます。何度経験してもうれしい瞬間です。

kyokatsuuchi2.jpg

次は御社の番です。通知を受けて晴れて建設業許可業者の仲間入りを果たしましょう!

建設業許可と関係する許認可の申請も同時に承ります

これまでは個人の職人として事業を行ってきたけれど、建設業許可の取得と同時に会社を設立したいというケースや、建設業許可に関連するその他の許認可も同時に受けたいというケースもあると思います。

HIKE行政書士法人では会社設立や関連する許認可の申請も取扱っており、同時に申請の準備を進めていくことが可能です。

また、すでに電気工事業登録や解体工事業登録を受けている業者さんの建設業許可申請もお任せください。

ワンストップサービスで必要書類の案内などをいたしますので、お手を煩わせることなく事業に必要な準備をしていくことが可能です。

HIKE行政書士法人では以下のプランをご用意しております。いずれも申請実績の多数あるプランですので安心してご相談ください。

無料レポートプレゼント中!

建設業許可取得に向けて知っておきたい基本的なことをまとめた無料レポートを作成しました。「建設業法は難しくてよくわからない」という方、まずはこのレポートをお読みください。

pdf建設業許可についての無料レポート『15分でわかる!建設業許可取得のポイント』をご希望の方は、フォームにメールアドレスを入力の上、送信してください。PDFファイルにて送付させていただきます。

メールアドレス:

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:石橋俊之・木下謙一
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 月曜日~土曜日)