専任技術者の実務経験の証明方法は?

専任技術者の実務経験の証明方法は?

実務経験で専任技術者の要件を満たす予定なのですが、どのように証明すればいいのでしょうか?

実務経験の証明方法は各自治体で異なりますので、詳細は自治体にお問い合わせいただくことをおすすめします。ここでは東京都の場合について紹介します。

まず、建設業許可を受けている会社などで実務経験を積んだ場合についてですが、その会社でその期間常勤で働いていたことを証明する資料として、以下のいずれかの資料が必要です。

  • 社会保険証(資格取得年月日で確認)や厚生年金の加入記録など、その期間常勤で勤めていたことを証明できる資料
  • 住民税特別徴収税額決定通知書(期間通年分)
  • 会社役員だった場合、確定申告書(役員報酬明細で常勤の確認ができること)
  • 個人事業主だった場合、確定申告書(事業収入を計上していること)
  • その他常勤であったことを証明できる資料

次に、その実務経験の内容を証明できる資料として以下のいずれかが必要です。

  • 建設業許可を受けたいた場合は許可通知書、申請書副本
  • 建設業許可を受けていない場合は、契約書、注文書、請求書+通帳など

実務経験の内容を証明する資料の許可通知書、申請書副本は東京都のデータで確認が取れるようであれば、無くても大丈夫なケースがあります。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:石橋俊之・木下謙一
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)

お客様の声

タグ

関連記事