500万円未満の工事しか請け負っていないのに建設業許可を受けるように言われたのですが?

500万円未満の工事しか請け負っていないのに建設業許可を受けるように言われたのですが?

500万円未満の工事のみを請け負っているのですが元請業者から建設業許可を受けるように言われました。許可が必要なのでしょうか?

元請業者が下請業者に建設業許可を取るように支持を出すケースは増えてきています。建設業法上は500万円未満の工事は建設業許可を受ける必要はありませんが、元請業者が過剰にコンプライアンスを意識したり、信頼を高めるために、工事の金額に関係なく建設業許可の取得を要求しているのです。

元請業者と下請業者は民間同士の関係になりますので、元請業者が建設業許可を受けている業者に工事を発注したいと考えれば、許可を受けていない会社は不利になります。工事の受注も減るかもしれません。

法律的には500万円という線引きがありますが、工事を受注するためには建設業許可はなくてはならないものになりつつあります。請負金額ではなく、許可を受けられる要件が揃っているならば、早いうちに許可を取得することをおすすめいたします。

また、同様に融資を受ける際などにも建設業許可を受けていることが条件になる場合もあります。金融機関と融資の話を詰めていき、最後の最後で、「許可は持ってますよね?」となって、結局受けられなかったという話を聞いたこともあります。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:石橋俊之・木下謙一
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 月曜日~土曜日)

お客様の声

関連記事